心の空気を入れ換える

やらなければならないことがたくさんあるのに、どうしてもやる気が起きない日があります。今日もそんな一日でした。そういう日は、やらなければならないことだけでなく、やりたいことすらも見つからない。

何もかもやりたくなくて、少し眠ろうにも、あれこれ考えてなかなか寝付けない。
そういう時は、今自分の身の回りにあるものでは心が満たされない、限界を感じているのだと自分では解釈します。

もちろん、人はどこまでいっても次の欲が生まれ、一生満足することなどないのですが、それはまた別のお話。
今日みたいにやる気が起こらない日には、あえて「無駄なこと」「ここにはない新しいもの」を取り入れてみるのも一つの手だと思っています。私は今日、重い足取りながらも近くの本屋さんへ足を運び、一冊の本と趣味の雑誌を買いました。

気分転換にそれらをじっくり読んだり、ただページをパラパラめくったりして、本来予定になかった時間を過ごしてみる。心の空気を入れ換える。

そうするだけでいつの間にか、心のやる気がリセットされ、日々のノルマをこなそうとする気力が戻ってくることがあります。
何事も、心の換気が大切。今日は改めてそんなことを感じた一日でした。